1/7は七草粥を食べよう!

こんばんは。

パーティーデザイナー橋本尚子です。

日本では毎年1月7日の朝に1年の無病息災を願って、
春の七草をいれたお粥『七草粥』を食べる習慣があります。

この時期になると、スーパー等で七草セットが買えますので、
手軽に七草粥を作れるようになりました。

本来はお塩で味付けするシンプルなものですが、
最近では中華粥にしたり、
七草以外にも好みの食材を入れたり、
オリジナルの七草粥を作って楽しむ方が増えてきましたね。

ところで七草とは何でしょう。

春の七草言えますか?

七草を詠んだ和歌をご存知ですか。

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」

なずな・・・一般的にはぺんぺん草として知られています。

すずな・・・蕪のこと。

すずしろ・・・大根のこと。

ではなぜ1月7日なのでしょうか。

1月7日は何の日?

1月7日は【人日(じんじつ)の節句】で、五節句の1つです。

人日とは、古来中国では、正月1日~6日獣畜を占い、
7日に人を占うという習慣があり、人を占う日=人日となりました。

五節句・・・ 1月7日 人日の節句(七草)
       3月3日 桃の節句(ひな祭り)
       5月5日 端午の節句(子供の日)
       7月7日 七夕
       9月9日 重陽(菊の節句)
       
節句の【節】は季節の変わり目という意味。
中国から伝わった暦の上の風習に、日本の宮中行事が合わさり、
江戸時代に幕府が上記の5つを公的な行事・祝日として定めました。

人日の節句以外は奇数の重なる日が選ばれていますが、
『1月7日』は唯一の例外です。
1月1日(元旦)は別格として、1月7日が五節句に選ばれました。

ではなぜ七草粥を食べるのでしょうか。

七草粥の意味

七草は、早春にいち早く芽吹くことから『邪気を払う』と言われました。
そこで無病息災を祈って七草粥を食べたのです。

ビタミン豊富であっさりとした七草粥は
お正月に食べ過ぎで疲れた胃や、
遊びすぎた体を休ませるのにちょうど良いお料理と言えます。

今年の1月7日は土曜日。
お休みの方も多いと思います。

7日の朝は、今年一年の無病息災を祈りながら、
七草粥を頂きましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP