はじめての!テーブルクロスの選び方

こんばんは。

わくわく、ドキドキを創造する
パーティーデザイナー/テーブルコーディネーターの橋本尚子です。

日常のテーブルをおもてなしのテーブルに変身させたい時、
テーブルクロスやランチョンマットを利用するのが便利です。

今日はテーブルクロスの選び方をご紹介します。

クロス選びに入る前に、まずやっておくことがあります。

1 テーブルサイズを測ろう

長方形、正方形の場合は、テーブルの天板の横幅、奥行を測ります。
円卓の場合は、直径を測ります。

2 テーブルクロスのサイズの決め方

table

◆長方形・正方形のテーブルの場合

テーブル天板の横幅・奥行のサイズより、それぞれ40~60cmほど長くなるものを選びます。
クロスをかけた時にテーブルから20~30cm垂れ下がるものが最適とされます。

◆円卓のテーブルの場合

テーブル天板の直行のサイズより、20~30cmほど長くなるものを選びます。

垂れ下がる長さは、長い方がエレガントに見え、短いとカジュアルな雰囲気がでます。
ご家庭で楽しむ場合は、お好みでお選びいただいて問題ありません。

30cmですと、テーブルクロスが椅子にかかる事がありますので、
気になる場合は、短めを購入しましょう。

サイズが測れたら、いよいよクロス選びです。

3 はじめに買うべき色は?

まず買うべき一枚は、

・ベージュ
・クリーム
・グレー

など、単色で、シンプルなものをおすすめいたします。

ダイニングのまわりの家具、壁紙の色等と、調和が取れている色を選びましょう。

最近では、撥水加工のテーブルクロスもたくさん販売されています。

撥水加工であれば、お手入れも楽。
ホームパーティーでお料理やお酒をこぼされても、気になりません。

また、小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

4 おすすめのクロス

近くに買える場所がない・・・

デパートのテーブルクロスは高すぎて気軽に使えない・・・

そんな方のために、お勧めのテーブルクロスをご紹介いたします。

 

お値段がお手頃で、
撥水加工がされているので、日常使いに最適です。

色の種類も豊富なのがポイント。
オイスター・モカあたりが使いやすいと思います。

上記は140×180cmですが、140×230cmもあります。

ちなみに、我が家のテーブル天板は90×160cmなので、
140×230cmのオイスターを持っています。

円卓の場合はこちらですね。

5 アンダークロスの役割

アンダークロスは、テーブルとテーブルクロスの間に敷く布のことを言います。
音を吸収する役割があり、敷いておくと、食器やグラスをテーブルに置いた時の音を吸収してくれます。

また、滑り止め効果もあるので、特に薄いテーブルクロスの場合には、
敷いておくと良いでしょう。

アンダークロスとして販売されているものもありますが、
ご家庭で楽しむ分には、ネル素材やフリース生地で代用できます。

テーブルの天板サイズより縦・奥行それぞれ20cm長いサイズを購入しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◎フリース無地3mカット/5123 [生地/布/秋冬/あったか]
価格:842円(税込、送料別) (2017/1/17時点)

お手持ちの食器に合うクロスを購入して、テーブルコーディネートを楽しまれてくださいね。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP